トコジラミ駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7754

フリーダイヤル0800-805-7754

いつ、どこにいる?

どこから来た?

トコジラミは元々、海外で繁殖した虫です。
それが江戸時代になり、オランダ船が日本に行き来するようになった頃に日本でも発見されるようになったため、この外交が原因ではないかと考えられています。
トコジラミは日本全国に広がってしまいましたが、強力な殺虫剤が出回り、一時は日本では見られなくなりましたが、また最近繁殖している傾向にあるようで、トコジラミ発生の報告数も増えてきています。

いつ現れる?

トコジラミは昼間に探してもなかなか見つけることはできません。
というのは、明るいところが嫌いなので、昼間は隙間など見えないところに隠れているからです。
トコジラミが活動するのは人間が寝静まった頃。夜行性の虫なんです。だから、被害に遭うのはだいたい夜が多く、朝起きたらブツブツと赤い刺された後が・・・というケースが非常に多いわけです。
また、このトコジラミが繁殖するのは6~9月の気温が高い季節です。しかし活動は年中していますので、常に注意は必要です。

どこにいる?

トコジラミが潜んでいるのは、目に見えない隙間などです。
例えば、ベッドの下やベッドと壁の隙間、布団、畳や畳と壁の隙間、本棚、コンセントの穴、ダンボール、バッグ、押入れ、カーペットやカーペットと床の隙間などなど・・・。
ありとあらゆる隙間に潜み、暗くなったら隙間から出てきて血を捜し求めて活動し始めます。
それじゃ、どうやってみつけるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
棲家にするにおいて、移動範囲が狭いこともあり、そこから動くことはあまりないので、その棲家周辺に糞をします。
なので、トコジラミ棲家の周辺にはだんだん黒い点々ができてきます。糞が溜まって行くわけです。
カビなどと勘違いする方もいらっしゃるかもしれませんが、特に何かの隙間周辺にある黒い点々には要注意です。早めの駆除をオススメします。